セミナー・イベント

ITpro EXPO 2017

情報系データ活用基盤(DWH/DM)構築の「大規模バッチ処理」 超高速開発事例の紹介

このたび、キヤノン電子テクノロジー株式会社は超高速開発コミュニティ※1 参加企業として、ITpro EXPO 2017に共同出展します。
本展示会では、超高速開発ツール(ODIP※2 )による、情報活用のための大規模バッチ処理の超高速開発事例をご紹介します。

【情報系基盤・データベース entrance® Banking※3 構築における大規模バッチ処理開発】
  • 高速開発のためのポイントを解説
    • インターフェースデータ取込
    • バッチ基盤
    • メタ管理
    • 高速開発ツール活用ノウハウ
    • DBモデリング(DWH/DM)
    • トレーサビリティ
    • ディレード処理
※1 超高速開発コミュニティ新しいウィンドウを開きます
「企業のスピード経営の実現」、「魅力あふれるIT業界への変革」を理念に企業向けソフトウェア開発ツールを提供する企業が中心になって設立された団体です。
※2 ODIP
ODIP新しいウィンドウを開きます」は株式会社インテリジェント・モデル新しいウィンドウを開きますの製品であり、当社は「ODIP」の販売代理店です。
※3 entrance® Banking
勘定系システムや投資信託、保険、債券、年金などの周辺システムで発生したデータを一元的かつ時系列に蓄積することで、新商品開発のための顧客分析や経営管理の強化など、幅広い分野において業務を支援する統合データベースシステムです。

開催概要

開催日 2017年10月11日(水)~13日(金)
終了しました
開催時間 10:00~17:30
会場 東京ビッグサイト 東展示棟4-6ホール
超高速開発コミュニティ ブース(小間番号:0920)
入場料 3,000円(消費税込、招待者・事前登録者は無料
主催 日経BP社
オフィシャルサイト ITpro EXPO 2017 公式サイト 新しいウィンドウを開きます