ソリューション・サービス

ストレスチェック支援ソリューションMENTALAID®アウトソーシングサービス

ストレスチェック支援ソリューション MENTALAID®(メンタルエイド)アウトソーシングサービス 2015年12月施行 ストレスチェック義務化に対応ストレスチェック支援ソリューション MENTALAID(メンタルエイド)アウトソーシングサービス 2015年12月施行 ストレスチェック義務化に対応

ストレスチェックの概要

近年、仕事や職業生活に関して強い不安や悩み、ストレスを抱えている労働者の割合は50%を超え、さらに増加傾向にあります。こうした労働者の『メンタルヘルス不調』は、事業者にとって、貴重な人材の喪失、生産性の低下、周囲の労働者のモチベーション低下、高額の損害賠償、対外的なイメージの低下等を引き起こす事態に発展しかねません。
このような背景から、メンタルヘルス対策の必要性は年々高まり、厚生労働省は2014年6月「労働安全衛生法」の一部を改正する法律を公布し、定期的に労働者のストレスチェック及びその結果に基づく面接指導の実施等を義務づける制度を創設しました。(2015年12月1日施行)

ストレスチェック制度とは?

ストレスチェック制度とは、労働者が自分のストレスの状態を知ることで、ストレスをためすぎないよう対処したり、ストレスが高い状態の場合は、医師の面接を受けて助言を得たり、仕事の軽減などの措置の実施や、職場の改善につなげたりする等、「うつ」などのメンタルヘルス不調を未然に防止するためのしくみです。
事業者へは、労働者のプライバシーの保護と不利益な取扱いの防止が義務付けられています。

1. 導入前の準備

  • 実施方法など社内ルールを策定

2. ストレスチェックの実施

  • 質問票の配布と労働者がストレスチェックに回答(ITシステムによる実施も可)
  • 医師によるストレス状況の評価と面接指導の要否判定

3. 面接指導の実施

  • 「医師による面接指導が必要」とされた労働者からの申出による面接指導の実施
  • 面接指導結果の保存(5年間)

4. 職場分析と職場環境の改善 ※努力義務

  • 一定規模毎の集計・分析結果を踏まえ職場環境を改善

プライバシーの保護

  • 提供されたストレスチェック結果や面接指導結果などの個人情報の適切な管理義務他

不利益取扱いの防止

  • 面接指導結果を理由とした、解雇、雇止め、退職勧奨の禁止
  • 不当な動機による配置転換、職位の変更などの禁止他