ソリューション・サービス

事例紹介 明治大学付属明治高等学校・明治中学校様

明治大学付属明治高等学校・明治中学校 様 SCHOOL AID® 導入事例

事例紹介 明治大学付属明治高等学校・明治中学校様

明治大学付属明治高等学校・明治中学校は、1912年に旧制「明治中学校」として設立された明治大学の直系付属校です。その歴史は100有余年を数え、長きにわたり多くの優秀な人材を輩出しています。戦後は学制改革に伴い推薦による大学までの一貫教育の方針を確立。2008年には、男女が互いの価値観を認め合いながら協力し合って生きていくことの意義を学ぶことがたいへん重要なことであるとして、男女共学化へ。また、国際交流を積極的に支援する等、時代の変化に柔軟に対応し続けています。

システム導入の背景と導入効果

「セキュリティの担保」と「利便性確保による業務の効率化」を両立させたい!

明治大学付属明治高等学校・明治中学校では、旧システムのOSがサポート期限切れを迎えるにあたり、新校務管理システムとしてSCHOOL AID®を選定。2014年の稼働から5年経過した現在まで、中学入試から高校卒業、大学入学までの一連の管理にご利用いただいております。

今回、選定時からご担当いただいている西村英之先生にお話しを伺いました。

西村英之先生

「教師の業務は授業だけでなく、放課後の部活動の指導や生徒指導など多岐にわたります。旧システムは専用端末だけで運用していたので、それらの業務を終えた18:00を超えてから先生方が順番待ちの列をなす状態でした。
そこで新システムでは、時間にも端末にも縛られない環境を用意したいと考えました。しかし生徒の個人情報や成績なども扱うシステムため、セキュリティの観点から校外からそれらのデータにアクセスすることは避けなければなりません。システムを選定する上では、この相反する2つの要求にどう対応できるか?が重要な要素となりました。 SCHOOL AID®は、先生毎に業務に適した権限を付与し、必要なデータをダウンロードしたり、EXCELでデータ処理を行って結果をアップロードすることが可能です。この機能を利用して自席はもちろん、場所を問わず作業が可能となり、 “先生方の空時間を有効活用”できるようになりました。」

カスタマイズの柔軟性もポイント

「中高6年間の一貫校ならではの成績処理や大学推薦等、パッケージにない機能はカスタマイズしました。中学入試から高校卒業、内部推薦、進路までの情報を一元管理できるようになり、高大連携講座や卒業研究といった総合学習の評価結果も指導要録と総合所見へ反映できるようになりました。これらの機能を含めてスクラッチで開発するには莫大なコストがかりますが、基本的な校務管理はパッケージの各機能を活用し、本校の独自性も損なわず低コストでシステム化できた点も選定理由です。」

学校業務に精通したスタッフが対応してくれる安心感

手厚いサポートも魅力です。

SCHOOL AID®の保守サポートは、全国の中学校・高等学校、中高一貫校への豊富な導入実績で培ったノウハウをもつメンバーが対応し、お客様から高い評価をいただいております。

明治大学付属明治中学校・高等学校の西村先生からも下記のコメントをいただきました。

「メールや電話などの問い合わせ対応だけでなく、学年末処理などのイベントに立ち会ってもらって非常に助かりました。また、事例などを通して運用を提案いただけることも参考になります。」

多様性の時代に向けて

高大連携のメリットを活かし将来を見据えた実践教育

「本校では海外で通用する英語力や広い視野、世界に飛び出すチャレンジ精神を持つ生徒を育成するために実際の海外学習体験や異文化体験、国際交流や留学を積極的に支援しています。これまでは、長期の海外留学は休学扱いとなり、もとの学年に復帰できませんでしたが、進級して復帰できる制度を設けるなど、時代の変化に対応してきました。明治大学の直系の付属校であることから大多数の生徒が明治大学へ進学しますが、中高6年間で生徒の目指す将来像が変化し、医学部など明治大学には無い学部を目指すケースもでてきています。このような希望を持つ生徒や保護者に対し柔軟な進路指導を行っています。今後は新学習指導要領、大学入試改革など、「新しい中高教育」や「新しい大学入試」への対応を校務管理に取り込むこともあるかと思います。SCHOOL AID®であれば、追加やカスタマイズが可能なので安心して利用していけると思います。」

学校情報

明治大学付属明治高等学校・明治中学校様
明治大学付属明治高等学校・明治中学校様
【開校】 1912年
【住所】 〒182-0033 東京都調布市富士見町4-23-25
【Web】 https://www.meiji.ac.jp/ko_chu/新しいウィンドウを開きます

※本事例に記載の肩書や固有名詞等は初掲載当時のものであり、閲覧される時点では、変更されている可能性があることをご了承ください。