お知らせ

2018年

【プレスリリース】クレジットカード取り扱い事業者様向け AIによる問い合わせ対応自動化サービスを開始
〜IBM CloudサービスによるAIチャットボットサービスの開始〜

キヤノン電子テクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:内山 毅、以下:当社)は、株式会社クリエイターズ・ヘッド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮野 美英)、BSI Professional Services Japan 株式会社様(本社:東京都港区、代表取締役社長:泉 佳夫)と共同で、クレジットカード取り扱い事業者様向けに、問い合わせ対応のAIによる自動化に関するサービスを開始しました。

プラットフォームはIBM Cloudサービスを採用し、AI活用、IoT分野などでIBM SPSS(※1)等を駆使した統計解析と、ビッグデータの利活用に精通するクリエイターズ・ヘッドと共に進めます。
初期構築においては、当社とクリエイターズ・ヘッドの構築経験を活かすことで短期間でのサービス提供を実現しました。

また、BSI Professional Services Japan様は、AIによる問い合わせ自動化に加えてコンサルタントによるメール相談を提供し、本サービスの付加価値を高めます。

(※1)IBM SPSS
IBM の統計解析ソフトウェアの製品群

背景とねらい

BSI Professional Services Japan様は、今後のクレジットカード決済の普及を見込んで、安心してカードを利用するためのセキュリティ国際基準であるPCI DSS(※2)の普及、啓蒙活動に尽力してまいりました。
昨今のカード決済需要の増加に加え、今後の東京オリンピック開催や海外からの観光客誘致・増加等の背景を勘案すると、より安全なカード社会の実現がますます重要になってきています。
今後のPCI DSS準拠対応を目指すクレジットカード取り扱い事業者様の増加を視野に入れ、お客様からの問い合わせに対してAIを活用したチャットボットによる自動応答を実現する事で、業務の効率化・迅速化を図ります。
AIを活用したチャットボットの初期構築から機能強化、運用までを当社とクリエイターズ・ヘッドが担うことで、本サービスの成長に応じたプラットフォームの提供を実現します。

(※2)PCI DSS
加盟店やサービスプロバイダにおいて、クレジットカード会員データを安全に取り扱う事を目的として策定された、クレジットカード業界のセキュリティ基準です。Payment Card Industry Data Security Standardの頭文字をとったもので、国際カードブランド5社(American Express、Discover、JCB、MasterCard、VISA)が共同で設立した組織によって運用・管理されています。

今後の展望

当社とクリエイターズ・ヘッドは本サービスの運用と機能拡張に留まらず、本サービスにより得られた知見を活かし、当社が強みとする金融・文教エリアでの利活用、新たなソリューションの構築につなげてまいります。

 

  • 【株式会社クリエイターズ・ヘッド 概要】
  • 代表者:代表取締役社長 宮野 美英
  • 所在地:東京都千代田区神田小川町3-6-10
  • 設立:1998年5月
  • URL:http://www.creatorshead.co.jp/

  • 【キヤノン電子テクノロジー株式会社 概要】
  • 代表者:代表取締役社長 内山 毅
  • 所在地:東京都港区海岸1-4-8
  • 設立:1970年4月
  • URL:https://www.canon-electec.co.jp

  • 【本件サービス内容に関するお問い合わせ先 】
  • BSI Professional Services Japan 株式会社
  • 営業本部
  • TEL:03-6863-0110
  • E-Mail:BSI.PSJ@bsigroup.com

本件に関するお問い合わせ先
  • キヤノン電子テクノロジー株式会社
  • 営業本部 営業企画推進室
  • 電話番号:03-6432-4470
  • メールアドレス: sales-info@canon-electec.co.jp
記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
記載内容は予告なく変更する場合があります。